予防(予防接種・生活習慣)

ワンちゃんやネコちゃんの健康を守るためには、病気にならないための「予防」の意識が大切です。
そのため、私たちは飼い主さんとのコミュニケーションの中で、予防接種の重要性や、食生活など生活習慣についてのアドバイスを行うよう心掛けています。
また、世の中のワンちゃんやネコちゃんに予防がしっかりなされていれば、感染症が減って予防接種(ワクチン)や投薬自体も減らせる可能性が高まります。
このような「集団免疫」の考えからも、予防の大切さを啓蒙していきたいと思っています。

予防接種(ワクチン)・投薬での予防

犬の「フィラリア」のように、以前に比べれば減っていても、きちんと予防しなければかかってしまう病気は今も存在しています。
病気の発症を抑えたり、発症しても重症化するのを防ぐためにも、適切な時期に予防接種(ワクチン)や投薬を行うことが大切です。

その他、ノミやダニ、身体の中に入る寄生虫などに対しても、中には人にうつるものもあるため、投薬による予防もおすすめしています。

予防接種(ワクチン)・投薬の種類

狂犬病予防接種 一度発症すると100%死にいたる狂犬病を予防します。
混合ワクチン接種 ウィルス感染を予防するワクチンです。
フィラリア予防 蚊の発生した1カ月後から発生終了時期1カ月後まで、毎月投薬が必要です。
現在は、1度の注射で1年間予防できる薬もあります。
ノミ、ダニ予防 1匹見つけた場合、他の場所に95匹眠っていると言われています。人に感染し、皮膚病にかかったりする可能性があるので、特に予防が大切です。

年間予防スケジュール

ワンちゃんの推奨予防プログラム

  • 年1回の狂犬病予防接種(狂犬病予防法により義務付けられています)
  • 年1回の混合ワクチン接種
  • フィラリア症の予防(4月末~11月末:8ヶ月間の予防)
    ※1年間予防できる注射もございます(1~2月)
  • ノミダニの予防(通年が好ましいですが、特にマダニの増える4月~11月は必須)
  • 内部寄生虫駆除(3ヶ月毎定期的にお薬を投与)

ネコちゃんの推奨予防プログラム

  • 年1回の混合ワクチン接種
  • フィラリア症の予防(4月末~11月末:8ヶ月間の予防)
  • ノミダニの予防(通年が好ましいですが、特にノミの増える4月~11月は必須)
  • 内部寄生虫駆除(3ヶ月毎定期的にお薬を投与)

予防接種の料金

  • 下記以外の予防接種をご希望の方は、お気軽にお問合せください。
  • その他、ご不明点がございましたら当院までお問い合わせください。
ワクチン 犬6種 ¥7,000
ワクチン 犬8種 ¥8,000
ワクチン 猫3種 ¥5,000
ワクチン 猫6種 ¥7,000
フィラリア予防接種(2kg~25kg)
※体重によって異なります。投薬での予防は毎月必要ですが、注射は1年に1回ですみます。
¥6,000~¥17,000
フィラリア検査
※投薬時に必要な検査です。
¥1,500

※税抜き金額となります。

生活習慣での予防

ペットの健康を大きく左右するのが、毎日の何気ない習慣です。
生活習慣病については、日々の食生活が大きく影響を及ぼします。
感染症については日常での行動に気をつける必要があります。
当院では、飼い主さんには対して分かりやすく生活習慣のアドバイスをさせていただいております。
ご不明な点がありましたら、お気軽にお尋ねください。

食生活(生活習慣病の予防)

毎日の食生活の質が低下すると、内臓疾患や心疾患、がん、歯周病などの生活習慣病を引き起こしやすくなります。特に肥満には気を付けましょう。

 

  • 食べてはダメなものについて
    予防の観点では、食べ物が原因で病気につながることは非常に多いので、病気になりやすそうな食事は与えないように飼い主さんにお話しています。
    また、おやつなど与え過ぎてしまって健康を損ねるケースもあるので、なぜおやつが良くないのかも分かりやすくご説明しています。
  • 手作りと既製品について
    「手作りの食事がいいのですか?」という質問を受けることがあります。
    確かに添加物などがない手作りの食事は安心ですが、どんなに気を付けていても栄養が偏る傾向にあるのが難点です。
    これを防ぐためには、栄養バランスの取れた既製品のフードを利用するのもよいかと思います。
    ただし既製品のフードであれば、旨味を出すために何らかの栄養素が過多になっている場合もあります。
    それを防ぐためには信頼のおけるメーカーを見つけることが大切です。
    当院では、ペットの状態を診ながら適切な食生活のアドバイスをいたします。

歯石除去の料金

  • 処置時間は1.5~2時間ほどで、必ず全身麻酔が必要です。
  • 前もって血液検査を行い全身状態を調べ必要あれば心電図検査・レントゲン検査も実施します。
猫・超小型犬(3㎏未満) 麻酔 ¥10,000 歯石除去 ¥4,000
小型犬(3~10kg) 麻酔 ¥10,000 歯石除去 ¥5,000
中型犬(10~15kg) 麻酔 ¥11,000 歯石除去 ¥5,000
中型犬(15~20kg) 麻酔 ¥13,000 歯石除去 ¥5,000
大型犬(20kg以上) 麻酔 ¥15,000 歯石除去 ¥5,000

※必要があれば、抜歯(1本¥500~)も行います。
※この他に、当日の抗生物質や痛み止めの注射代、お持ち帰りいただくお薬代が、状況によって別途かかります。
※税抜き金額となります。

日常生活(感染症の予防)

ワンちゃんやネコちゃんが他の動物と接触した際に、病気がうつることがあります。特にケンカをした場合などは傷口から感染するケースが多くあります。
これを防ぐためには、できるだけ他の動物と接触しないように屋外に出る際は気を付けましょう。
また、背の高い草むらに入るとダニやノミがうつる可能性があるので、できるだけ入らないように気をつけるか、ダニやノミの予防をしっかり行っておくのがおすすめです。